子どもが授業を理解しながら進むことが大切で、その「1つの手段」として、留年という姿があってもいいと思います。

橋下市長の発信は、中身を全て理解していないけれど、「タイトル的」に見れば同じ考えかなぁ、と。貴重な問題提起をされたと受け止めています。

朝日新聞の新コラム オピニオンより