子どもの学力や進学の格差について、家庭の経済状況や地域環境の影響を指摘する声は多い。様々な調査で格差の要因を探ってきた清水宏吉・大阪大教授と、全国子どもの貧困・教育支援団体協議会の青砥恭代表幹事に格差解消に向けた対策などを聞いた。

読売新聞より