誰が運営してるの?

サポートステーションさいたまは、NPO法人さいたまユースサポートネットが運営しています。

サポステってどんなところ?

地域若者サポートステーション(通称サポステ)は、働くことに踏み出したい若者たちとじっくりと向き合い、本人やご家族の方々だけでは解決が難しい「働き出す力」を引き出し、「職場定着するまで」を全面的にバックアップする厚生労働省委託の支援機関です。
厚労省サポステ特設サイトはこちら

サポステさいたまとは?

地域若者サポートステーション(サポステ)さいたまは、厚生労働省 埼玉労働局及びさいたま市からの委託を受け、働くことについて様々な悩みを抱えている15歳~39歳までの就労を目指している方とご家族を多様なサービスで支援しています。
・働いてみたいけれど、何から始めればいいか分からない・・・
・何もしていない期間があり、履歴書をどのように書けばいいか分からない・・・
・面接のことを考えると頭痛が・・・
・自信が持てず、一歩を踏み出せない・・
・自分が何をしたいのか分からない・・・

そんな悩みをお持ちの方、お気軽にご連絡ください。
よくある質問
利用者の声

誰が対象?

15歳~39歳までの若者とその家族です。
就労に対する意欲を持っている方を対象としています。

何をするの?

個別面談では、担当のスタッフがあなたの就労を責任もってサポートします。
セミナーは利用者の希望や課題に合わせていくつかのタイプ分けがあります。
担当のスタッフと相談し、自分にあったセミナーを見つけてみてください。
最終段階は就業体験に参加をし、働くことのイメージを持ちます。

NPO法人さいたまユースサポートネット

さいたまユースサポートネットは、様々な困難により居場所がなく将来への不安を抱えた子ども・若者たちへの支援として現在さいたま市を拠点に5つの事業を展開し、2018年度からはさいたま市内で新たに複数の居場所を提供しています。